「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 生きがい・ボランティア > 災害ボランティア

災害ボランティア

被災地のボランティア活動は常に危険がともないます。
災害現場でスムーズに行動し的確な判断をするためには日ごろの訓練が不可欠です。
訓練を受けていない一般のボランティアでは戸惑ってしまいなかなかうまく動くことができません。

その訳は現在まで知識、技能不足などによりせっかく被災地に集まったボランティアが活躍できないことが多かった為です。
被災地などでの、知識、技能不足は命にも関わりますし、他のボランティアにも迷惑をかけてしまう事が少なからずあります。
今ではこの問題を解決するため、災害時に活躍するボランティアの育成をしているボランティア団体もあります。

阪神・淡路大震災の発生直後には、地震の被害のせいで高速道路が崩壊したり線路が寸断されるなど、被災地の交通機関はほとんど使えない状態でした。
その上、通行可能な道路までもが、家族や知人が心配で被災地に駆けつけた人々の車で大渋滞が起き、必要な物資が運べないという状況におちいりました。
そこで大活躍したのが、バイクです。バイクは渋滞の車や瓦礫の山の間をすり抜けて走れ、特に馬力の強いオフロードバイクが災害の現場では欠かせないことが判りました。

震災の体験を元に、現在では、いろいろな団体が増え、地域に住む外国人に緊急時の避難方法などを教える活動、災害で交通機関がマヒした場合に備え、都心から徒歩で帰宅してみるウォーキング大会を催したり、市の消防本部の協力のもと、民間のレスキューチーム養成に取り組んでいる団体もあり、また、日ごろの運転の腕を生かせる、災害時にバイクで支援活動を行う団体も増えています。

低インシュリンダイエット

この記事のカテゴリーは「生きがい・ボランティア」です。
人生、張りあいがなくなってしまうと急に老け込んでしまいます。精神的なものが肉体、体力に与える影響がいかに大きいかを物語っていますね。 仕事から引退して、時間的には余裕があるのでボランティア活動など何かやりたい、何かやろうってお考えの方の参考になれば幸いです。
関連記事

ボランティア活動の種類

皆さんは「今、ボランティア活動をして下さい」と言われたら何をしますか。 一言でボ...

ボランティアの基本の心構え

ボランティア活動は、ボランティアされる側がいて、その多くはボランティア活動を共に...

ボランティアを始める時の相談

ボランティアを始めるときの相談や活動は、ボランティアセンターを訪ねるのが1番良い...

盲導犬・聴導犬・介助犬に関わるボランティア

犬は人を癒す存在だけでなく、視聴覚者やいろいろな人を助ける大変素晴らしい役割を果...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」