「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 生きがい・ボランティア > 高齢者・障がい者の役に立ちたい人のボランティア活動

高齢者・障がい者の役に立ちたい人のボランティア活動

ボランティア活動に励みたい方は、高齢者や障がい者のニーズを知ることが大事なボランティア活動といえます。

「バリアフリーの社会を!」という言葉をよく耳にしますね。つまり老人や、障害者も、なるべく世間との障壁に邪魔をされずに快適に暮らしていける世界のことを表しています。

障害がある人はひとりでの外出は、危険がいっぱいです。
駅の階段や歩道の段差、信号、バスの乗降など、介助者や介助犬の手が必要な場面が多く、出かける機会を制限されてしまい、行きたい場所にもなかなか行けない事が多く残念な思いをしています。

そこで、「移送ボランティア」が大変活躍しています。
移送ボランティアとは、自宅から目的地まで車で送迎し、車の乗降を手伝い、移動中の会話などを通してお互いの交流も生まれます。
「移送ボランティア」のお陰で行動範囲も広がるので今まで行きたかった、好きな場所で、買い物や遠くに住む友達や家族にも会いにいけますね。

また、視覚障がい者と一緒に街に出かけ、音響式信号機や点字ブロックの使いごこちを確認して貰い、改善点があれば関係機関に報告し、バリアフリーな街づくりを推進しているボランティアもあります。

年をとったり、自分の身体に自由が利かなくなると、気持ちが沈み、外に出る回数も少なくなり、身だしなみにも構わなくなってしまいがちです。
気持ちが沈んでしまうと人間は皆、周囲に心を閉ざしてしまう事が良くあります。

そこで「ビューティーケア」とゆうボランティア活動があります。
長期入院中の患者やお年寄りを訪問して手や首、顔面マッサージをしたり、女性には簡単なお化粧をし、憂鬱な療養生活に活気を取り戻してもらう活動です。
当然基礎的な技術や知識を身につけておくことが必要となりますが、相手の嬉しそうな顔をみると頑張ったかいがあったと感じるはずです。
誰だって綺麗になるのは楽しい事ですよね。
マッサージやお化粧などスキンシップをする事でリラックスしてもらい頑なな心を解きほぐす障壁となるものを見極めて、現在あなたが必要とされている手助けをするのがボランティアです。

英会話上達法・英会話教材

この記事のカテゴリーは「生きがい・ボランティア」です。
人生、張りあいがなくなってしまうと急に老け込んでしまいます。精神的なものが肉体、体力に与える影響がいかに大きいかを物語っていますね。 仕事から引退して、時間的には余裕があるのでボランティア活動など何かやりたい、何かやろうってお考えの方の参考になれば幸いです。
関連記事

ボランティア活動の種類

皆さんは「今、ボランティア活動をして下さい」と言われたら何をしますか。 一言でボ...

ボランティアの基本の心構え

ボランティア活動は、ボランティアされる側がいて、その多くはボランティア活動を共に...

ボランティアを始める時の相談

ボランティアを始めるときの相談や活動は、ボランティアセンターを訪ねるのが1番良い...

盲導犬・聴導犬・介助犬に関わるボランティア

犬は人を癒す存在だけでなく、視聴覚者やいろいろな人を助ける大変素晴らしい役割を果...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」