「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 生きがい・ボランティア > ボランティア活動の資金集め

ボランティア活動の資金集め

「資金」は、ボランティア活動の継続に必要不可欠と言っていい程ボランティア活動では無くてはならない物です。
なぜなら無報酬で活動を続けるには資金の確保が重要となるからです。
ボランティア活動の資金の収集のし方は、幾つかありボランティア団体によって違います。

まずは年会費を集めるなどの方法で会員から会費を集める方法があります。会費の値段は個人だと2000円から3000円、会社などの団体だと3000円から5000円が一般的な会費になります。
これはまれですが、高い所だと個人で6000円、団体で30000円とゆう所もありました。

また、殆どの団体が会費以上の資金の受付も出来るようになっていたました。
これは、寄付を募る方法に入ると思われます。会員の他にも活動に理解をしてくれる方や法人などから寄付を得る場合もあります。相場はだいたい3000円前後の団体が多いです。
また、当前ですが、寄与を受けたら感謝と領収書発行は必ず行う事です。
もし、寄付金は高くて払えないけど、少しでも援助したいと思う人は募金活動から始めてみるのもいいですね。

そして、全てのボランティア団体に1番知ってて欲しいのが、公的補助、民間助成を受ける方法です。
ボランティア活動の趣向に賛成同意する企業などが財団を設けるなどして、ボランティアグループに助成金を出してくれる場合があります。

助成金の申請には、会員名簿、前年度収支決算書、予算書、事業企画書、規約などが必要になることが多いので前もって用意しておくと直前で慌てなくてすみますね。
また、社会福祉協議会の推薦が必要な場合もあるので、行動を起こす前に地域のボランティアセンターや社会福祉議会に相談しておくのも重要だと思われます。

助成を受ける時に、福祉協議会を通して助成団体から助成を受けられる可能性や福祉協議会が一定の条件を満たした団体に助成金を交付している場合もあるからです。

また、インターネットを利用して、助成財団センター編集・発行の『助成団体要覧―民間助成金ガイド』など財団法人助成財団センターのホームページに助成団体情報が掲載されれていたりするので、確認してみるのもよいですね。

財団法人助成財団センターのホームページ
http://www.jfc.or.jp/

外反母趾の症状・痛みと治療

この記事のカテゴリーは「生きがい・ボランティア」です。
人生、張りあいがなくなってしまうと急に老け込んでしまいます。精神的なものが肉体、体力に与える影響がいかに大きいかを物語っていますね。 仕事から引退して、時間的には余裕があるのでボランティア活動など何かやりたい、何かやろうってお考えの方の参考になれば幸いです。
関連記事

ボランティア活動の種類

皆さんは「今、ボランティア活動をして下さい」と言われたら何をしますか。 一言でボ...

ボランティアの基本の心構え

ボランティア活動は、ボランティアされる側がいて、その多くはボランティア活動を共に...

ボランティアを始める時の相談

ボランティアを始めるときの相談や活動は、ボランティアセンターを訪ねるのが1番良い...

盲導犬・聴導犬・介助犬に関わるボランティア

犬は人を癒す存在だけでなく、視聴覚者やいろいろな人を助ける大変素晴らしい役割を果...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」