「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 生きがい・ボランティア > ボランティアとは

ボランティアとは

ボランティアと聞いて皆さんはどんな事を想像しますか。

ボランティアの名前が日本に大きく広まったのは、1995年に起きた阪神・淡路大震災でしょう。
この年は「ボランティア元年」とも呼ばれ、1月17日を「防災とボランティアの日」とされており、この時全国からたくさんのボランティアが被災地に集まり、活動を行ないました。

昔は地域で無給の奉仕活動を行う制度が構築されていた為、他の地域からボランティアを呼び、受け入れる必要性はあまりありませんでした。
また理由がもう1つあり、日本は、地縁・血縁の色が強く、相互扶助の習慣があった為とも言われています。
しかし、不況による行政コストの削減、都市化や核家族の増加により、ボランティアは新しい助け合いの
仕組みとして注目されるようになりました。

あがり症を克服しよう!


ボランティアは、「自主性」「公共性」「先駆性」「無報酬」を基本としています。
「自主性」とは、荷物を代わりに持ってあげたり、電車などで人に席を譲ったりとゆう事ではなく、ボランティアを意識して活動することを示しています。
ボランティアの対象はあまりなく広い範囲で行われています。
その事から「公共性」の意味が含まれます。
「先駆性」とは、社会で必要とされているのにも関わらず、まだ改善されていない要求を満たすために新しいアイデアを考え活動を行う。
また、ボランティアは、殆ど対価を受け取らないため「無報酬」であり、ボランティアは「無報酬」が基本ですが、場合によってはボランティアを受け入れられない精神状態の人が、ボランティア活動を行う側と対等になるための手段として有償のボランティアも存在します。

現在では、ボランティアは色々な人を対象に、様々な地域で活動しています。

貿易用語いろいろ辞典

この記事のカテゴリーは「生きがい・ボランティア」です。
人生、張りあいがなくなってしまうと急に老け込んでしまいます。精神的なものが肉体、体力に与える影響がいかに大きいかを物語っていますね。 仕事から引退して、時間的には余裕があるのでボランティア活動など何かやりたい、何かやろうってお考えの方の参考になれば幸いです。
関連記事

ボランティア活動の種類

皆さんは「今、ボランティア活動をして下さい」と言われたら何をしますか。 一言でボ...

ボランティアの基本の心構え

ボランティア活動は、ボランティアされる側がいて、その多くはボランティア活動を共に...

ボランティアを始める時の相談

ボランティアを始めるときの相談や活動は、ボランティアセンターを訪ねるのが1番良い...

盲導犬・聴導犬・介助犬に関わるボランティア

犬は人を癒す存在だけでなく、視聴覚者やいろいろな人を助ける大変素晴らしい役割を果...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」