「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > レクリエーション > 社交ダンス種類

社交ダンス種類

社交ダンスにはどのような種類があるか、ここで説明したいと思います。

【ワルツ(Waltz)】
●特徴
・ワルツは、雄大な動きと繊細な感性が織り成している美しいハーモニーです。
・大きなスイングとライズ・アンド・フォールが特徴です。
・ライズ・アンド・フォールというのは、1歩目の終わりにライズを始め、2歩目、3歩目で継続して3歩目の終わりでロウするということです。
・この動きはブランコの動きに似ていて、第1歩はブランコが動き出すところ、第2歩・第3歩は徐々に上昇するところ、第3歩から次の第1歩が段々と下降する所にあたります。

【タンゴ(Tango)】
●特徴
・タンゴはシャープで歯切れがよく、コンパクトで端正なホールド、力強いレッグ・アクション、情熱的なアタック・ムーブメントによってドラマチックに表現されています。
・タンゴは他のモダン種目と異なる点が多いです。
 1.音楽
  曲調はスタッカートが効いています。
  踊り方も一歩一歩シャープさを出すために、上下運動(ライズ・アンド・フォール)のないフラットな踊り方になります。
  上半身と下半身がぶれないように注意しましょう。

 2.ホールド
  男性の場合:左アームを、肘を少し張り出す感じで鋭角に構えます。
        右アームは、腕と身体が一体になるような感じで身体の前に置きます。
  女性の場合:指をきちんと揃えます。
        男性の右脇の下あたりに左手を置きます。
        その際、手の平は見えないようにします。

 3.ウォーク
  タンゴは左にカーブしますが、他の種目は直線的にウォークします。

【ブルース(Blues) 】
●特徴
・社交ダンスを始める際に、まず最初に習う種目です。
・音楽は「スロー・フォックストロット」と同じ曲を用いているところが多いです。
・もともと、レストランやナイトクラブみたいな狭いところで踊られていたダンスなので混んだ場所でも踊る事が出来るため、別名「クラッシュ・ダンス」とも呼ばれているみたいです。

他に【スロー・フォックストロット(Slow Foxtrot) 】【クイックステップ(Quickstep)】【ウインナー・ワルツ(Viennese Waltz)】があります。

結婚式・成人式の髪型

この記事のカテゴリーは「レクリエーション」です。
高齢者のレクリエーションの1つとして、社交ダンスがあります。社交ダンスのパーティーって、皆さん楽しいと思いますか?ダンスパーティーと言っても、サークル主催のパーティー、ダンスホール主催のパーティー、教室主催のパーティーなど様々なものがありますよね。競技会などを目指すのも良いかもしれません。健康的に楽しく踊って、様々な人と交流をして、人生に生きがいを持つのも本当にいい事ですよね。
関連記事

芸能人社交ダンス部

1996年4月12日に「芸能人社交ダンス部」がテレビ番組から発足しました。初代の...

社交ダンスの衣装である靴について

社交ダンスで使用する衣装の一つに・・・「靴」もありますよね。 練習時の場合ですと...

社交ダンスドレスのオーダー専門サイト

社交ダンスドレスの「オーダー専門サイトマリーズ」のご紹介をします。 代表は滝井麻...

社交ダンス大会

久々に、ウリナリの社交ダンス大会を家族で張り切って見ました。久しぶりの団体戦なの...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」