「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 老人ホーム > 老人ホームの見学と体験入居

老人ホームの見学と体験入居

老人ホームを選択する際には、やはり入居を希望されるご本人、またはご家族、あるいはその両方が自ら足を運び、ご自身の目で確かめることが重要です。入所してしまってから、「こんなはずじゃなかったのに・・・」「思っていたのと違っていた」ということにならないために、条件に見合う老人ホームを幾つか絞り込んだら、実際に見学に訪れてみましょう。また、見学は、一箇所ではなく、少なくとも2~3は見学し、比較することが大切です。さらに、体験入居をしてみると、開示されている情報や見学だけではわからなかった、思いもかけない、発見があるかもしれません。
では、見学、体験入居の際に、見落としのないよう、幾つかのチェックポイントを挙げてみましょう:

まず、見学の際には複数で訪れ、多角的な目でとらえましょう。一人では築かなかった点をあとで意見交換することができます。

1.スタッフの対応
スタッフは気持ちよく挨拶をしてくれたでしょうか? 話しかけた際に快く対応してくれましたか?年齢層や男女比、またスタッフの資格の有無も確認してください。
2.他の入居者の方々
これからいっしょに生活をしていく方々です。表情や挨拶、話しかけた際の対応はどうでしょうか?仲良くやっていくことができるでしょうか?
3.食事
メニュー、質、量、また健康や病状に配慮した食事サービスが受けられるでしょうか?他の入居者の方々に「味」の感想を聞いてみるのもいいですね。
4.周囲の環境
ちょっとしたお散歩を楽しめる公園やお店、病院が近くにあるでしょうか?交通の便はいいでしょうか?
5.相談、苦情の窓口
何かあったときに快く相談にのってくれる専門の窓口がありますか?問題にすばやく対応してくれる制度が整っているかを確認しておいてください。

体験入居した場合、夜間の体制や周囲の状況など、昼間にはよくわからなかった点が明らかになるでしょう。その点をチェックすることが大切です。

1.食事、トイレ、入浴などの基本的な介護を見学、体験してみると良いでしょう。
2.サークル活動、イベントなどを見学、体験し、実際に入所したときに楽しい生活が送ることができるか、イメージしてみましょう。
3.夜間の看護体制を確認します。
4.周辺の治安、騒音を観察してください。

ただし、一般的に体験入居は1泊2日で、15000円前後費用がかかるところが多いようです。

ゴルフ上達のコツ

この記事のカテゴリーは「老人ホーム」です。
現在日本では、高齢化、少子化が急速に拡大し、高齢者の幸せはもはや家族だけで支えていくことは難しくなっています。社会全体で高齢者の幸せを向上、維持する仕組みはできないのでしょうか?昭和38年、高齢者の福祉を図ることを目的として「老人福祉法」が制定されました。高齢者の福祉として、在宅福祉と施設福祉があります。
関連記事

老人ホームの選択から入居まで

今は健康でも、将来身体に不自由が出てくる可能性は大いにあります。最近、ことに問題...

有料老人ホーム

ひとくちに老人ホームといっても、その種類は10類におよびます。「養護老人ホーム」...

老人ホーム(老人福祉施設)の種類

元気で畑仕事をしていたおばあちゃん。お風呂で転んで、太ももを骨折してしまいました...

終身介護は終の棲家?

多くの介護付き有料老人ホームが「終身介護」を謳っています。通常、「終身介護」とい...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」