「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 老人ホーム > 老人ホーム選択のトラブル

老人ホーム選択のトラブル

老人ホームの選択に当たって、さまざまな資料や情報を集め、慎重に検討したにもかかわらず、実際に入所してみたらどうも実態は異なっていた・・・というケースが数多くあります。有料老人ホームの経営実態や内部状況など、なかなか正確につかめないのが現状です。

不当な表示をめぐるトラブルに答えるため、公正取引委員会は、有料老人ホームに関する不当な表示について、平成16年に厳しい基準を設けました。この基準が守られない場合は、排除命令などの厳しい措置がとられます。
 
また、厚生労働省による基準に加えて、各都道府県では、独自に運営指導指針を定めています。有料老人ホームの開設に当たっては、この指針に準拠していることが厳しくチェックされますが、それが持続的に守られているかどうかの第三者評価の徹底が望まれます。

公正取引委員会、各都道府県、国民センターなどで有料老人ホームをめぐるトラブルの事例をチェックし、公平な情報を入手してください。老人ホームの表示に関するトラブルで多いのは、次の点です:

●介護職員についての表示
●医療機関との関係についての表示
●費用についての表示
●介護サービスについての表示

したがって、選択にあたっては、逆にこれらの点に着目し、その現状を確認することが重要です。やはり、実際に入所するご本人(またはご家族)が何度も実際に足を運び、ご自身の目と感覚で納得のいく施設を選びたいものです。

仲介手数料不要

この記事のカテゴリーは「老人ホーム」です。
現在日本では、高齢化、少子化が急速に拡大し、高齢者の幸せはもはや家族だけで支えていくことは難しくなっています。社会全体で高齢者の幸せを向上、維持する仕組みはできないのでしょうか?昭和38年、高齢者の福祉を図ることを目的として「老人福祉法」が制定されました。高齢者の福祉として、在宅福祉と施設福祉があります。
関連記事

老人ホームの選択から入居まで

今は健康でも、将来身体に不自由が出てくる可能性は大いにあります。最近、ことに問題...

有料老人ホーム

ひとくちに老人ホームといっても、その種類は10類におよびます。「養護老人ホーム」...

老人ホーム(老人福祉施設)の種類

元気で畑仕事をしていたおばあちゃん。お風呂で転んで、太ももを骨折してしまいました...

終身介護は終の棲家?

多くの介護付き有料老人ホームが「終身介護」を謳っています。通常、「終身介護」とい...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」