「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 老人ホーム > 老人ホームのスタッフ

老人ホームのスタッフ

人が生活していくうえで、他人とのコミュニケーションほど難しいことはないかもしれません。ましてや自分の身体の自由が利かなくなり、他人の援助が必要となったとき、それが家族であっても精神的な負担は、介護を頼む側も、介護を受ける側も、双方にかなり大きなものとなります。ましてや老人ホームではそれを家族以外の人に依頼することになるのですから、どのような人がそれを担ってもらうことになるのか、は非常に大きな問題です。老人ホームでは、その施設や介護サービスの内容と同様、そのホームのスタッフたちとのコミュニケーションも非常に重要です。

では、老人ホームでは、一般的にどのようなスタッフがそのサービスに当たっているのでしょう。

●ホーム長(施設運営責任者)
施設の運営責任者ですが、必ずしも経営者と同じとは限りません

●生活指導員
有料老人ホームには必ず設置されています。入居から入居後の生活のなかで相談に応じ、苦情などの受付、対応をしてくれる人です。

●看護師
有料老人ホームには必ず、看護師が設置されていますが、24時間ではありません。ケアスタッフをかねていることもあります。ホーム内で医療行為はできず、医者と連携して応急処置にあたります。

●介護福祉士
介護福祉士は介護の国家資格をもっている人で、介護の専門知識をもって介護の実技を行うことができます。

●理学療法士
リハビリなどの科学的な療法を用いて指導する専門の担当者です。

●作業療法士
日常生活に支障のないように、心理面も配慮したうえで指導を総合的に行ってくれる専門の担当者。
*理学療法士と作業療法士は、福祉器具の選択を行ったりして個人に合わせた訓練をしてくれます。

●ケアマネージャー
支援や介護のケアプランを作成、管理をするスペシャリスト。医療、介護、保険の各分野の連携を図り、介護保険制度の中心的な役割を果たします。

●ケアスタッフ
介護スタッフです。特に資格が必要というわけではなく、看護師が兼任することもあります。

●ホームヘルパー
介護スタッフです。ホームヘルパーには、1級~3級の資格があります。ただし、施設によって資格がない人が介護にあたっている場合もあります。ホームヘルパー1級はヘルパーの管理も可能、2級は身体介護サービス、3級は家事支援サーブスを行うことが可能とされます。

●栄養士
ホームで提供される食事は必ず、カロリーや栄養成分が計算されて献立が作成されており、多くの場合明示されています。栄養士は個々の入居者の健康状態に合わせて、食事療法の相談にも乗ってくれるでしょう。

派遣社員で働く

この記事のカテゴリーは「老人ホーム」です。
現在日本では、高齢化、少子化が急速に拡大し、高齢者の幸せはもはや家族だけで支えていくことは難しくなっています。社会全体で高齢者の幸せを向上、維持する仕組みはできないのでしょうか?昭和38年、高齢者の福祉を図ることを目的として「老人福祉法」が制定されました。高齢者の福祉として、在宅福祉と施設福祉があります。
関連記事

老人ホームの選択から入居まで

今は健康でも、将来身体に不自由が出てくる可能性は大いにあります。最近、ことに問題...

有料老人ホーム

ひとくちに老人ホームといっても、その種類は10類におよびます。「養護老人ホーム」...

老人ホーム(老人福祉施設)の種類

元気で畑仕事をしていたおばあちゃん。お風呂で転んで、太ももを骨折してしまいました...

終身介護は終の棲家?

多くの介護付き有料老人ホームが「終身介護」を謳っています。通常、「終身介護」とい...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」