「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 老人ホーム > 有料老人ホームの入居費用

有料老人ホームの入居費用

老人ホームへの入居は、人生の「大きな買い物」ですよね。身体の自由や思考がはっきりとしているうちに、将来を見据えた目でさまざまな時点・・・入居時、入居後の生活費、介護が必要になった場合の費用・・・を考え、計画的な資金計画を立てましょう。必要な基本的費用を確認しておきましょう。

1.入居一時金・・・入居する最初の時点で必要な費用。
入居一時金は、それを支払うことによって入居者が専用の居室や共同の施設、サービスを利用する権利を得るためのものです。

2.介護費用・・・介護のために必要な費用。
介護保険制度によって、都道府県の指定を受けたホームでは提供される介護サービスの一部が保険対象となります。介護保険以外の費用の負担については、入居時に一時金とは別に一時金で払う場合と、月々の介護費用として払う場合があります。あるいは介護が必要となってから請求される場合もあります。300~800万と多様です。おむつなどの消耗品は実費で支払う場合が多いでしょう。

3.月々に必要な生活費
●管理費・・・ホームのサービスや施設の管理のために毎月必要な費用。施設によって最も幅がある費用です。
●食費・・・ホーム内での食事サービスに対して支払う費用。たいてい、実際の利用回数に応じて支払うホームがほとんどでしょう。4~6万円。
●水道光熱費・・・施設によっては、管理費に含まれていることもあります。2~3万円。
●個人的な生活費・・・電話代や交際費、交通費、趣味の費用。その他、追加の個人的な有料サービスを受けた場合、ホーム以外のサービスを個人的に契約した場合に、別途費用が必要となります。
*毎月の費用は、入居している限り終身払い続けるものです。無理なく支払える施設を選択することが必要です。

4.万一の費用
病気や怪我、お葬式費用など。

ブリーダー東京

この記事のカテゴリーは「老人ホーム」です。
現在日本では、高齢化、少子化が急速に拡大し、高齢者の幸せはもはや家族だけで支えていくことは難しくなっています。社会全体で高齢者の幸せを向上、維持する仕組みはできないのでしょうか?昭和38年、高齢者の福祉を図ることを目的として「老人福祉法」が制定されました。高齢者の福祉として、在宅福祉と施設福祉があります。
関連記事

老人ホームの選択から入居まで

今は健康でも、将来身体に不自由が出てくる可能性は大いにあります。最近、ことに問題...

有料老人ホーム

ひとくちに老人ホームといっても、その種類は10類におよびます。「養護老人ホーム」...

老人ホーム(老人福祉施設)の種類

元気で畑仕事をしていたおばあちゃん。お風呂で転んで、太ももを骨折してしまいました...

終身介護は終の棲家?

多くの介護付き有料老人ホームが「終身介護」を謳っています。通常、「終身介護」とい...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」