「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護保険 > 高齢者住宅の種類

高齢者住宅の種類

現在、高齢者住宅や高齢者施設には数多くの種類がありますが、どんな種類のものがあるか皆さんご存知でしょうか?

一般的に知られている「老人ホーム」にも、サービス内容や利用条件、事業主体、入居費用などにより、「特別養護老人ホーム」「ケアハウス」「療養型医療施設」などの種類の高齢者向け施設に分かれています。
また「シニアマンション」なども最近広告などで頻繁に見かける入居時自立型の高齢者向住宅の一つです。

しかし、「特定施設入所者生活介護」の指定を受けていないホームの事を「介護付」と表示されていませんので、注意する必要があります。ちなみに「特定施設入所者生活介護」の認定を受けている施設は有料老人ホーム(介護付) 介護施設の居宅サービスです。


下記に主だった高齢者住宅の種類をご説明します。

【有料老人ホーム(住宅型)】
高齢者の方が要介護になった場合、訪問介護のサービスを居室で利用しながら生活を送ることが可能です。

ゴルフ上達は簡単


【有料老人ホーム(健康型) 】
高齢者向けの居住施設で食事等のサービスが付いていますが、要介護になった場合は契約解除をして退去しなくてはなりません。

【グループホーム 】
小規模体勢で家庭的な住宅環境の中で生活できます。ここでは認知症高齢者限定入居で、ケアを受ける事が出来ます。

【グループリビング】
グループホームとは違い、入居者は認知症高齢者に限定していません。高齢者同士がお互いの生活をサポート、介助しながら生活をしていきます。

【ケアハウス(軽費老人ホーム)】
低料金で入居が出来ます。サービスには食事、入浴、緊急対応等が提供されています。

【シニア住宅】
家賃を支払うタイプの高齢者住宅です。
ある程度、身体が弱化していても住み続けることが出来るように設備を整えていて、緊急時の対応や安否の確認、生活・健康相談、フロントサービス等のサービスが提供されています。
支払い方式には一時払い方式、月払い方式または一時払い・月払い併用方式があります。

ハッピーウエディング〜結婚のための準備〜

この記事のカテゴリーは「介護保険」です。
介護保険は現在の日本で財源不足といわれている中、介護保険制度は高齢化社会に対応するために新たに制定された社会保険制度となります。介護保険は40歳以上の人が加入しなければならない、強制加入保険です。保険者は各市町村で、被保険者は65歳以上の方(第一号被保険者)と40〜64歳の方(第二号被保険者)です。
関連記事

訪問介護:ホームヘルプサービス

介護保険制度で定められているサービスは、在宅と施設サービスとに分けられますが、介...

介護保険・住宅改修

介護保険を利用して住宅改修をする場合ですが、以下の項目に対して改修が出来ます。こ...

介護保険のグループホーム

介護保険のグループホームとは、介護保険の中の「居宅サービス」に位置づけられていて...

高齢者住宅の種類

現在、高齢者住宅や高齢者施設には数多くの種類がありますが、どんな種類のものがある...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」