「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 高齢者住宅 > 高齢者の為のバリアフリー設計

高齢者の為のバリアフリー設計

市営住宅というのが出来始めたのが、戦後空襲で焼けてしまった市街地に「応急簡易住宅」と呼ばれるバラックが1945年頃から建設が始まりました。
当時は9世帯ほどが連なる長屋で、台所、トイレは共同で、1戸分の広さとしては6畳、3畳、土間ほどの広さで、家賃25円、1世帯の人数も大人数というひしめきあった生活をしていたと考えられます。

その後、69〜75年度頃になるとそれでも住宅不足が深刻化してきたため、500戸超の大規模住宅団地が出来始めてきました。
当時は住宅不足解消のため、工期を短縮するために工場でコンクリート版を成型し、それを現場で組み立てると言うスタンスを取っていたが、周りに無機質な印象を与えていました。その当時の間取りは3DKが主流でした。

市営住宅は多いときでは1棟3200個ほどの規模のときもあったそうです。
現在は住宅政策や間取りの移り変わりと共に各部屋の段差が無く、車椅子で部屋中を移動できるバリアフリー設計の住宅や、駐車場、エレベーター完備、緊急時のベルなど高齢者の事を考えた設計のところも多くなってきています。

現在の住宅設計は、将来増改築などが出来るように設計しているところが多いが、子育てや介護、2世帯住宅などの希望を元に立てられている。
賃貸よりも、もちろん生活水準や収入でばらつきもありますが、家を買って、多少でも長期返済にしてゆとりあるローン返済の検討も視野にいれていただけたらと思います。

犬のブリーダー東京・神奈川・大阪・愛知・兵庫

この記事のカテゴリーは「高齢者住宅」です。
これから団塊の世代が高齢と言われる世代に突入するに当たって、高齢者が安心して公団住宅などに住み続けられるように福祉と住宅を一体化させた取り組みをするよう、厚生労働省と国土交通省が方針を固めました。
関連記事

高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者のために、安心・安全に入居・生活できるように「バリアフリー化」「手すり付き...

高齢者向け共同住宅の問題

高齢化社会に入っていく中、老後の住まいとして考えられている高齢者向け共同住宅です...

高齢者向け共同住宅

株式会社アンクラージュという会社が神戸市灘区に建設中の高齢者向け共同住宅「アンク...

高齢者住宅とリフォーム

最近、自宅を高齢者が住みやすいような住環境にするため、バリアフリーやスロープ、手...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」