「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 高齢者住宅 > ケア付高齢者住宅

ケア付高齢者住宅

1998年、高齢者向け優良賃貸住宅制度が策定され、国土交通省では、現在不足している今後高齢者の入居を優遇している公営住宅(シルバーハウジング)や公的賃貸住宅の供給を増やす事を目標としています。

都市機構賃貸住宅(旧公団住宅)や公営住宅では、現在問題が出てきていて、高齢者が民間賃貸住宅への入居が難しいし、公団では家賃の負担が少ない事から高齢者世帯の割合が増えてきているようです。しかし、高齢者が増える事により、団地全体の活力やパワーが不足気味になるのではという問題が出ます。

その問題を少しでも解消するために、高齢者向け優良賃貸住宅という住宅に置き換えると言うのも増えてきています。事業の主体は民間になりますが、高齢者向け優良賃貸住宅に認定される基準をクリアすれば、建設費の補助も受けられるし、入居者には国からの家賃補助が給付されるという、入居者側にも、提供側にもメリットが多い住宅です。でも数がそう多くは無いので今後ものすごく期待される制度となります。

介護保険は施行から5年、当初用意されていた選択肢だけでは不十分だし、二者択一という住宅問題ではなく、グレーゾーンの存在も必要なのではないか?という問題やニーズがあるということが分かってきました。

ケア付高齢者住宅というのが、その「グレーゾーン」と言われている部分で、自宅と施設の中間にあたる住宅で、介護(住まいの近くに介護サービスの拠点などの施設機能があるとなおさら安心)が考えられた賃貸住宅などのことです。

この制度は、高齢者の多様化しているライフスタイルに合っていると思われ、今後の高齢者の住宅選びの選択肢として重要な選択肢の一つとなると思います。

結婚式の演出と節約術

この記事のカテゴリーは「高齢者住宅」です。
これから団塊の世代が高齢と言われる世代に突入するに当たって、高齢者が安心して公団住宅などに住み続けられるように福祉と住宅を一体化させた取り組みをするよう、厚生労働省と国土交通省が方針を固めました。
関連記事

高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者のために、安心・安全に入居・生活できるように「バリアフリー化」「手すり付き...

高齢者向け共同住宅の問題

高齢化社会に入っていく中、老後の住まいとして考えられている高齢者向け共同住宅です...

高齢者向け共同住宅

株式会社アンクラージュという会社が神戸市灘区に建設中の高齢者向け共同住宅「アンク...

高齢者住宅とリフォーム

最近、自宅を高齢者が住みやすいような住環境にするため、バリアフリーやスロープ、手...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」