「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 高齢者住宅 > 介高齢者の介護保険制度

介高齢者の介護保険制度

介護保険制度とは、介護される人(被介護者)の体の状態に応じて、ケアマネージャー(介護支援事業者)が利用者と各種居宅介護サービス提供事業者との契約に基づいてサービスが受けられる制度です。
制度内には在宅や、通所、滞在型など状況に応じたサービス内容を相談しながら計画していきます。

介護を受けられる対象者は
すべての65歳以上の方(第1号被保険者)および40歳〜64歳の医療保険に加入されている方(第2号被保険者)で、介護が必要と認められた第1号被保険者および加齢に伴う疾患(初老期痴呆、骨粗鬆症など指定15種類)により介護が必要となった第2号被保険者が介護保険制度を利用することができます。

料金は保険負担9割で自己負担は1割となっています。
但し、交通費や食費などにかかる費用は利用者の全額負担となりますのでご注意ください。

介護保険制度が始まったきっかけですが、日本は長寿国&少子化で高齢化社会を迎えています。高齢化が進むと、介護を必要とする人が増えますが、少子化などで介護をする家族の経済的、精神的負担は増大してきます。

それで、利用しやすくて、介護が公平に受けられるための社会全体の仕組みを作る事を目指して作られたのが、介護保険制度ということになります。

介護保険制度が始まる前は、介護を受けるか受けないか、受けられてもサービス内容の決定はどうするかの判断は市町村で決めていましたが、制定後は自分が受けたい場所や、住み慣れた場所、自宅で本人の意見や家族の意見を尊重させたサービスが受けられるようになりました。

ベリーダンスダイエット

この記事のカテゴリーは「高齢者住宅」です。
これから団塊の世代が高齢と言われる世代に突入するに当たって、高齢者が安心して公団住宅などに住み続けられるように福祉と住宅を一体化させた取り組みをするよう、厚生労働省と国土交通省が方針を固めました。
関連記事

高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者のために、安心・安全に入居・生活できるように「バリアフリー化」「手すり付き...

高齢者向け共同住宅の問題

高齢化社会に入っていく中、老後の住まいとして考えられている高齢者向け共同住宅です...

高齢者向け共同住宅

株式会社アンクラージュという会社が神戸市灘区に建設中の高齢者向け共同住宅「アンク...

高齢者住宅とリフォーム

最近、自宅を高齢者が住みやすいような住環境にするため、バリアフリーやスロープ、手...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」