「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 高齢者住宅 > 高齢者用集合住宅

高齢者用集合住宅

岡山市が昨年、現在行っている行政サービス2100事業全ての見直しをすることに取り掛かったと報じられました。岡山市は現在7千億円の借金を抱えています。
見直しの内容としては、初年度3割の事業に対して廃止や民営化に移行するように見直して実行するという案が出ていますが、行政改革推進課と各担当課が互いの主張を譲らずに攻防していると報じられています。

3割の事業というのが、具体的に挙げると高額な土地区画整理事業、利用者が少ない公共施設、農業集落排水事業、高齢者用集合住宅の建設などについて将来が懸念される事業についてブレーキをかけられているという現状のようです。

坐骨神経痛の原因・症状と治療


攻防の結果は2100事業中89事業の廃止、2事業の民営化を実行し、5億9,000万円の削減にしかならなかったようです。

攻防中の発言で最も印象に残ってたのは、土地区画整理事業の話題で市議会での話し合いの中、利害関係のある自治会長に「市の大きな借金はどうしますか?」という質問に対して「借金のことは知らん。区画整理事業で7,000億円の借金をしたわけじゃない!!」と言われたそうです。なんか、考えてるのか考えてないのかよく分からない答えになってますよね。

また、一般市民の参加で事業見直しを考えようという「市民評価者」制度では、わずか30人程度の市民の意見を反映させて見直しをするのはどうなんだろう?という言葉も出てきていたそうです。もっと一事業の見直しにはたくさんの市民の意見を聞いて反映させたほうがよいのではないでしょうか?という考えになりますよね。

この記事のカテゴリーは「高齢者住宅」です。
これから団塊の世代が高齢と言われる世代に突入するに当たって、高齢者が安心して公団住宅などに住み続けられるように福祉と住宅を一体化させた取り組みをするよう、厚生労働省と国土交通省が方針を固めました。
関連記事

高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者のために、安心・安全に入居・生活できるように「バリアフリー化」「手すり付き...

高齢者向け共同住宅の問題

高齢化社会に入っていく中、老後の住まいとして考えられている高齢者向け共同住宅です...

高齢者向け共同住宅

株式会社アンクラージュという会社が神戸市灘区に建設中の高齢者向け共同住宅「アンク...

高齢者住宅とリフォーム

最近、自宅を高齢者が住みやすいような住環境にするため、バリアフリーやスロープ、手...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」