「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 高齢者住宅 > 介護と高齢者住宅

介護と高齢者住宅

介護と言う言葉は1970〜1980年頃使われるようになってきて、社会が高齢化となってきた上で志向された介護保険法(2000年法案)により、高齢者に対する在宅サービスや、保険制度が社会的に浸透してきました。

寝たきりの高齢者や、障害者や病人、日常生活において介助がないと支障が出る方の自立をサポートするために、食事や排泄、入浴など身の回りの世話や介抱などをすることを「介護」と言います。

最近では介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー(介護支援専門員)等の専門職の資格を取る方が増えてきていて、注目度が高いことが伺えます。

試行された介護保険法が与えるサービスには、訪問介護やデイサービスなどの在宅サービス、特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの福祉施設でのサービスがあり、利用するには要介護認定を受ける必要があります。この要介護度も段階により区分けされているので一度調べてみてください。

高齢者住宅の用途や目的は、要介護度、サービスの内容、入居予定期間などによって様々な種類があります。高齢者住宅を利用する場合は、入居する方の希望などを考慮したうえで、じっくり検討してから決めたほうがいいと思います。

高齢者住宅の種類の中で特別養護老人ホーム等は入居希望が多くて、現在空き予定者が多数いるので、入居できるまで相当の時間がかかると思われます。

高齢者住宅のタイプには様々なタイプがあり、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、老人保険施設(介護老人保険施設)、グループホーム、ケアハウス(介護利用型)、高齢者マンション、シニア向け住宅(シルバーハウジング・シルバーマンション)、公社と連携した高齢者向け優良賃貸住宅、など様々なタイプの物がありますので、目的・用途に合わせて比較検討をしてみてください。

犬のブリーダー

この記事のカテゴリーは「高齢者住宅」です。
これから団塊の世代が高齢と言われる世代に突入するに当たって、高齢者が安心して公団住宅などに住み続けられるように福祉と住宅を一体化させた取り組みをするよう、厚生労働省と国土交通省が方針を固めました。
関連記事

高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者のために、安心・安全に入居・生活できるように「バリアフリー化」「手すり付き...

高齢者向け共同住宅の問題

高齢化社会に入っていく中、老後の住まいとして考えられている高齢者向け共同住宅です...

高齢者向け共同住宅

株式会社アンクラージュという会社が神戸市灘区に建設中の高齢者向け共同住宅「アンク...

高齢者住宅とリフォーム

最近、自宅を高齢者が住みやすいような住環境にするため、バリアフリーやスロープ、手...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」