「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 認知症のひとを介護するとき

認知症のひとを介護するとき

認知症の人に対する接し方や介護の方法には定まったものがあるわけではないのですが、その人の性格や特徴、介護を行う人たちの経験とが組み合わされて徐々に対応にも方法というものがみえはじめているようです。

認知症のお年寄りの行動としては大きく分けて二つあり、ひとつは事実の誤りともうひとつは失敗する行動です。
これらの行動に対応しながらどう接してゆくのかを考えてゆきます。
お年寄りに接するときの心構えとしては、介護の際に子供のように接したりせずにその人の自尊心を大切にしてあげることだといわれます。

これ等のお年寄りの行動の具体的な例としては、「物取られ妄想」などがあります。
認知症のお年寄りにとってお金や通帳などの大事な品物が無くなったと騒ぎ出し、たいていは身近な人が犯人として疑われることが多いようです。
こんなときに取り乱したりしないで、一緒に探すなど、困っているお年寄りのきもちになって接してあげましょう。
また、便をいじるなどの不潔行為が見られる場合もそのことを言葉に出してののしることはやめて、まずは汚れている体を洗うことや、爪をあらかじめ切っておくなどの対応も必要です。
これ等の行為の原因としてはオムツが体に合わないとか取り替えられていなくて心地が悪いなどということもあるかも知れません。
これ等のオムツのつかい方としては、まずは1〜2回失敗したからといってすぐにオムツにしないことがよいとされます。
また、オムツを使用していてもトイレには行くようにしてください。
オムツをつかうことはお年寄りの自尊心を傷つけることでもありますので注意をしながら接するようにしてください。

成功する転職の秘訣

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」