「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 在宅で介護を行うことになったら

在宅で介護を行うことになったら

日本では高齢者の数がどんどん増えており今自分にとって必要ないことでもいずれは介護という問題に誰でもが直面することになるであろうと思われます。
寿命も延びていることもあり90歳の親を70歳の子供が在宅で介護をする状態などはもはや普通のこととなっていますし夫婦の場合でも同じことが言えこれ等を「老老介護」とよぶ名称までできています。
現在では介護の考え方も変わってきていて、家族だけでこの負担をになうのではなくて医療や福祉を通じて社会で介護を考えてゆこうという姿勢に変わってきています。

在宅で介護をすることになったら介護される人に対しては高齢者の気持ちや体をきちんと理解して、自己決定権の尊重・継続性の尊重・残存能力の活用という介護の3原則にのっとって介護をしてあげましょう。

介護を行う側としては家族の一人だけに押し付けるようなことはせずに、介護保険を上手に利用して介護する側の健康管理にも十分に注意するべきです。
公共のサービスには訪問介護や通所介護などで入浴や食事などを行い指導してくれるものもあるようです。
地域により市町村の広報誌などにも目を通したりして情報を集めておきましょう、地域の在宅介護支援センターや市町村の担当窓口などもよい相談相手になってくれるでしょう。

プチ断食のやり方と効果

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」