「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 介護保険法について

介護保険法について

介護保険法とは2000年度から施行された法律で、国民年金や健康保険と並ぶ保険制度です。
65歳以上のひとが寝たきりや痴呆になった場合または40歳から64歳までの人が老化に伴う病気にかかった場合に介護サービスが受けられるという法律です。

この法律により40歳以上の人に対して新たに保険料を払う必要が生じました。
これ等の保険料と公費によって介護される人にも定められた率をかけて自己負担等を支払ってもらい訪問介護や介護福祉士説等の利用、デイサービスなどのケアプランにかかるお金を支払われることになるのです。

2005年6月には介護保険法の改正案が可決されましたが改正された点としては介護の必要性のあまり重くない人に対しはて新予防給付として介護予防サービスが追加されました。
これらの予防サービスでは体の機能の低下を予防してゆく方法が行われます。
また、介護施設の居住費と食費が自己負担になりますが、所得の低い人に関しては考慮してもらえるようです。
その他にもケアマネージャーを5年ごとに更新するなどの改正内容になっているようです。

ゴールドコーストゴルフ場ガイド

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」