「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 介護保険について

介護保険について

介護保険は介護保険制度ともいい老人福祉と老人医療とに分かれていた介護制度を組みなおし介護する側やされる側にとって使いやすく公平な社会支援を作ってゆくための制度です。

介護保険は介護保険法が元になるもので受けられるサービスの9割が給付されるのですが2006年度の介護保険法の改正にともない要介護、要支援の状態によって介護給付(介護サービス)と予防給付(介護の予防サービス)との二種類が受けられることになります。

常に介護が必要とするカテゴリーに入る要介護者1〜5の人は介護給付として「在宅サービス」と「施設サービス」との二種類が受けられ、要介護状態になる恐れがあり日常生活での援助が必要だとするカテゴリーに入る要支援者1と2の人は、予防給付として「施設サービス」のみ受けることができます。

サービスを受けるに当たっては本人が介護を必要とする状態であるということを認めてもらう必要があり、またどのような程度で介護が必要かという要介護度の審査も行われる必要があります。
要介護度の決定には保険者である調査員と主治医の意見書をもとに市町村などの保険者がおこなう認定審査会によって決められることになります。

アメブロでSEO -検索エンジン活用基礎講座-

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」