「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 介護福祉士実技試験の過去の問題のつかい方

介護福祉士実技試験の過去の問題のつかい方

介護福祉士の実技試験は筆記試験を通らないと受けることはできません。
実技試験は介護福祉士の勉強や経験を実戦の場で表現する試験ですから、本番を考えて仕事場にいながらも過去問題を考えながら試行しておくのもよいでしょう。
実技試験を受けなくてよい方法というのもありその際には事前に介護技術講習会を受けることによって実技試験が免除されることになります。

介護福祉士の実技試験は午前と午後に分かれて受けることになりますが、受験者数が多いため午前に受ける人は試験が終わっても午後の人が会場にはいるまでは別室で待機することになるようです。
持ち物としては受験票と上靴などがありますが、待ち時間のこともありますので実技試験の過去問題等の参考書を持ってゆくのもよいでしょう。
服装としては介護に適した服装という指定があらかじめなされるようですので、職場のユニフォームがある人はそのほうが使いやすいでしょうし、無い人もジャージか何かを使用するとよいとされます。

実技試験ではまず待合室にて課題が発表されますのでそこで課題についてイメージします。
この際にあらかじめ過去問題で練習したとおりに手順や順番等を頭で整理すると安心できるでしょう。
10分ぐらいの時間を置いて教室を移動して本番となりますが教室にいる試験管やモデルに対しては挨拶をするようにしましょう。

軽キャンピングカー

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」