「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 介護福祉士国家試験について

介護福祉士国家試験について

介護福祉士の国家試験受験資格のひとつとしては実務経験が3年以上ある者ですがこれは指定された社会福祉施設である必要があり、詳しくは3年以上その施設に在職期間があるということとそのうち540日以上介護の仕事や指導を行っていることとされます。

介護福祉士になるために実務経験において対象となる職種はホームヘルパー、看護助手、介護職員、寮母等を指し、医師や看護師は除かれます。
施設としては社会福祉施設、病院や診療所、介護等のサービスを提供する事業所等で働くことが前提であるという事になります。

またもうひとつの国会試験受験資格としては高校の福祉コースやNHK学園の専門科の修了者が受けることができます。

介護福祉士国家試験は実技試験と筆記試験とに分かれています。
筆記試験の科目等は、社会・老人・障害者福祉、リハビリテーション、援助技術、精神保健、介護技術等の13科目で実技試験は筆記試験に合格した人だけが受けることができます。
実技試験の内容は介護の原則などが5分以内で問われることになります。

ハイブリッドカーとエコカー減税

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」