「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 介護福祉士の試験とは

介護福祉士の試験とは

介護福祉士試験は介護福祉に関する国家試験です。
介護に関連する実務経験を3年以上つんでいる人(1095日以上指定の施設に在籍し540日以上の従事日数であることが定められています)か、高等学校の福祉専門コースを終了した人が受験資格を持ちます。

介護福祉士は、2006年に改定された介護保険法にもとづいて今後激増すると予想される要介護者・要支援者の福祉に関する支援や、相談のために働く専門職です。
介護福祉士試験の申し込み先は、財団法人社会福祉振興・試験センターです。
受験の手引きなどもここに連絡してください。

試験勉強の際にはテキストや問題集を購入するのもよいですし、通信教育などでも介護福祉士の講座がありますので苦手分野の残らないようにまんべんなく勉強しておくとよいでしょう。
筆記試験が通ったら、実技試験があります。
合格率は50%程度といわれていますが、合格したら有料で介護福祉士登録簿への登録申請を行い認められると登録証の交付を受けることができます。

エコポイントの対象商品と申請方法

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」