「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 介護福祉士について

介護福祉士について

介護福祉士とは高齢者や身体障害者、精神障害者の食事・入浴・排泄等の介護を行い、介護を受ける人とその家族とともに色々な相談を受けたり指導をしたりする国家資格です。

3年以上の介護の実務を経験するかまたは同等の実力を持つものが国家試験を受けて合格するか、国の指定期間である介護福祉士養成学校等で教育を受けて卒業したものは国家試験を免除されます。
介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、1987年に制定された「社会福祉士および介護福祉士法」によってさだめられた介護福祉方面での唯一の国家資格です。

介護福祉士とホームヘルパー(訪問介護員)との違いは、介護福祉士はホームヘルパーの上位に位置する資格で介護福祉士が国家資格なのに対してホームヘルパー1〜3級は公的認定資格とされ、厚生労働省の定めた養成課程を終了すればホームヘルパーになることができます。
また両者とも介護全般に関する仕事を行うのですが行動範囲がホームヘルパーは介護福祉士に比べ狭く、給与や待遇の面でも常勤職員と非常勤職員とで差がつくなど、介護福祉士のほうが優遇されるようです。

対人恐怖症

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」