「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 介護支援専門員について

介護支援専門員について

介護支援専門員とはケアマネージャーともいい居宅での介護支援事業所に所属するか独立で開業するかをして、介護保険において要介護や要支援と認定された人に対して評価を行って対象となるサービスについてケアプランを作成します。

介護支援専門員となるには介護支援専門員実務研修受講試験に合格してこれらの講習を受講する必要がありますが、この試験の受験資格としては法定資格の医師や看護士、栄養士や歯科衛生士などが5年以上の実務経験を経た後に介護支援専門員実務研修受講試験を受ける資格ができることになります。
これ等の法定の資格が無い人に関しては、介護施設などでの実務経験が10年以上ある人と定められています。

介護支援専門員を志すに当たって必要とされることのひとつに情報収集・分析能力というものがあります。
要介護者に認定されたひとが介護保険にのっとりサービスを使用しようとしても、どこにどんなサービスがあるのかよくわからない場合がほとんどです。

介護支援専門員はこれらサービスの内容や料金さらには現在すぐに入れるかどうかという施設の空き状態まで把握しておく必要があります。
要介護者の自宅の状況を把握し分析することでどのような改装工事が必要かといった計画を立ててゆくのも介護支援専門員なのです。

ポメラニアン

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」