「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 介護の予防のために

介護の予防のために

2006年度からの介護保険法の改正により介護の予防に関するサービスが行われることになりました。
状態が軽いが介護か必要とされる人に対しては今までよりもよく体を動かしたり、外出したりして体の機能がよくなるように促してゆきます。
これ等のサービスを補うのは「予防給付」とされ今までの介護給付と一緒に組み合わされて行くことになります。

予防給付を受けることができるのは要介護認定で要支援1・要支援2と認定された人や要介護認定で要介護1と認定されたひとについてですが、病状などで介護が優先して必要な人などは除外されることになります。
予防給付の対象となるサービスの内容としては、運動のトレーニングなどを行って筋力を上げてゆくサービスや、食生活の改善を指導してゆくサービス、また口腔機能の改善を図る目的でブラッシングの指導などを行うサービスなどが新たに行われることになります。
これ等のほかにも、予防の観点での訪問介護サービスや通所介護サービス、予防通所リハビリテーションサービスなどが行われるようです。

これ等の介護予防の理念にもとづいて介護予防指導士の養成講座が開講されているようです。
この講座では機械を使用しない運動の指導や、口腔ケアなどの指導ができるように3日間で理論と技術等をみにつけるもののようです。
これ等の講座で介護予防について学び、また実際に現場で役立つ技術を身につけてゆくのもよいことだと思われます。

外反母趾の症状・痛みと治療

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」