「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護 > 老人性痴呆症(認知症)

老人性痴呆症(認知症)

痴呆症(老人性痴呆)とは、高齢者に起こる、いわゆるボケの症状を呈する病気のことです。

脳の血管障害や脳梗塞などによって起こる老人性痴呆がもっとも多く、これは脳血管性痴呆と呼ばれます。次に多いのは、加齢によって脳の働きが衰えて痴呆になるアルツハイマー型痴呆症です。

痴呆症の症状は、物忘れがひどくなることから始まり、症状が悪化すると、自分はだれか、食事はしたか、1時間前に何をしたかさえも思い出せなくなったりします。

高齢化社会にともなって痴呆症の患者数が増える一方で、原因の解明や治療法の研究はまだ遅れており、介護する家族の負担の問題、受入施設の整備の問題などが急務となっています。

免疫力アップ・免疫力低下の原因


痴呆症という名称は、偏見や差別を助長しかねないとして最近は使われなくなり、2004年に厚生労働省によって改称された「認知症」が新しい名称となっています。

ちなみに、有吉佐和子著の『恍惚の人』は痴呆症老人の介護問題に一石を投じる名作。最近では、若年性アルツハイマー病のストーリー『明日の記憶』が、渡辺謙主演で映画化もされています。

痴呆老人の介護問題は、高齢化社会が猛スピードで進む中、社会全体で取り組むべき重要な課題となっています。

この記事のカテゴリーは「介護」です。
介護とは、医師や看護婦以外のものが病人の介抱や看護をするという意味ですが、おもに高齢者や障害者の日常生活などの世話をすることを言います。地方自治体による訪問介護や看護事業は50年以上前からすでに始まっていますが、家族の行う介護の助けを行うといった考え方で現在も行われています。
関連記事

ベッド数と介護施設について

厚生労働省は、病状が安定していて長期に入院をしている高齢者がいる療養病棟の6割を...

介護の認定について

介護保険による要介護認定というと介護を必要とする状態であるとする要介護認定と、日...

介護タクシーについて

介護タクシーとは要介護者の移送サービスのことを言います。 介護が必要な人や身体障...

在宅介護

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」