「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護施設 > 個室の老人介護施設

個室の老人介護施設

もしあなたが歳をとり、介護施設に入居するとなった場合、個室と相部屋どちらがよろしいですか?
多くの高齢者は、個室を希望しています。
また、家族など大切な人に入居を勧める際にも個室が良いと断言する人も多くなってきました。
最近では、個人情報保護法も出来、個人のプライバシーを守るとゆう事も多くなってきたせいか、利用者個人も個室を希望する入居者も増えてきたせいもあるかもしれません。
その希望を叶える為に、個室の老人ホームが現在、本格的に普及し始めました。

そして生活に最も影響が大きい部分は、それは入居する部屋が個室か多床室かということです。
入居後の生活がどんなものになるかは、ほとんどは個室かどうかで決まると言われています。

ある研究でも個室型の方が生活が豊かになるという研究の成果があることも出ています。
しかし、全国の施設整備はまだまだ不足しているのが現状で、これからも引き続き個室方の老人ホームが作られていくと思います。
現在では、2人部屋や4人部屋の施設計画に補助金を出すことは、殆どないと言われており、それに加えて今までの2人部屋や4人部屋の施設なども個室型に変わると言われています。

個室型の老人ホームを必要とするのは、有料老人ホームやグループホームだけでもなく1番大事な物は、入居した後の生活を左右する介護サービスの良さで選ぶのです。
介護サービスはその中の生活で最も影響が大きい部分を選択していくことが大切ですね。

無料ブログサービス

この記事のカテゴリーは「介護施設」です。
介護施設といっても多種多様な施設があります。老人福祉施設は、軽費老人ホーム・老人デイサービスセンター・老人短期入所施設・老人介護支援センター・特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・老人福祉センターとされていて、施設によって対象となる高齢者が違っています。その他にも介護療養型医療施設、老人介護保健施設、介護施設グループホーム、有料老人ホームなどがあります。これら各介護施設の特徴をご紹介していきます。
関連記事

介護保険適用外について

介護保険とは市区町村の区域内に住所をある、40歳以上の方が対象になります。 40...

通所デイサービスについて

通所デイサービスは、通所介護とも言い、週2回〜3回程度送迎してもらって受けるサー...

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持...

介護老人保健施設

介護保険法(1997年)の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設など...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」