「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護施設 > 有料老人ホームについて

有料老人ホームについて

有料老人ホームと聞いて皆さんはどういった印象を持ちますか。

簡単にいうと有料老人ホームは「老人に配慮されたマンション」に「食事や介護等の各種のサービス機能」が一緒になった介護施設になります。
フロンサービスや家事サービ・入浴サービス・代行サービス・バス運行サービスなど、家事全般、余暇等活動的、、生活に関する便利サービスを提供してくれます。
また、協力医療機関などへの紹介、入退院の手続き及び介助、
救急時の対応など治療への協力も進んで行ってくれるので高齢者にとっては、住み易い環境だと思われます。

有料老人ホームは、他の介護施設とは異なり、入居一時金とまた別に毎月の費用を支払わなければなりません。
入居一時金とは簡単に言うと家賃の一括前払い金に、終身利用権と介護などの様々なサ ービスを受ける権利を取得する為の費用だと考えられます。
昔は、入居一時金は数千万単位の物が多いと言われていましたが、最近では有料老人ホームごと、また居室ごとに異なり、数百万単位の格安の物から1億円を超えるものまで様々になってきました。

そして、1番気になるのが毎月の費用と思いますが、費用の内容は主に管理費、光熱費、食費、介護費 等になります。
この毎月の費用に関しても 有料老人ホームごとに異なります。最近は、安い所は10万単位からあります。また、有料老人ホームに 支払う毎月の費用の他に、当然交際費や娯楽費、外食代や衣類などにかかったお金を考えなければなりませんので、その分の生活費も見積もっておく事が大切です。
ホームによっては利用権方式以外に賃貸方式を選択できる場合ががあり、所有権分譲方式 一般のマンションと同じように、専用居室を不動産として買い取る方式もあります。

有料老人ホームには、入居時に「身の回りのことが自分でできる」ホーム と「日常的に介護を必要としている」ホームに分けられますが、入居時に「身の回りのことが自分でできる」人も入居後、介護が必要な状態になった場合でも、殆どのホームが介護サービスを受けながら引き続き生活出来ます。

有料老人ホームの良さは、「老人に配慮されたマンション」に「食事や介護等の各種のサービス機能」だけでなく、自分の居室以外にも、ホームには、食堂や浴場、フロントや娯楽スペースなど、ホームにお住まいの入居者の皆さまで、お互いに気持ちよく使う事のできる、共有スペースもあります。
1人で寂しく居るよりはこういった介護施設の共有スペースなどで、同年代の友達を作るのもたのしいかもしれませんね。

足痩せ(脚やせ)の方法:太もも・ふくらはぎ

この記事のカテゴリーは「介護施設」です。
介護施設といっても多種多様な施設があります。老人福祉施設は、軽費老人ホーム・老人デイサービスセンター・老人短期入所施設・老人介護支援センター・特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・老人福祉センターとされていて、施設によって対象となる高齢者が違っています。その他にも介護療養型医療施設、老人介護保健施設、介護施設グループホーム、有料老人ホームなどがあります。これら各介護施設の特徴をご紹介していきます。
関連記事

介護保険適用外について

介護保険とは市区町村の区域内に住所をある、40歳以上の方が対象になります。 40...

通所デイサービスについて

通所デイサービスは、通所介護とも言い、週2回〜3回程度送迎してもらって受けるサー...

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持...

介護老人保健施設

介護保険法(1997年)の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設など...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」