「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護施設 > 認知症介護施とは

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持続的に低下した状態」の事を言い、高齢による物忘れとは、全く違います。
また認知症は、人生の最後の世界を忘れさせるために神が与えたものと考えられており、認知症を特別視せず、以前と変わらない生活を提供しながら、最後までその人の人格を重要視し、自分らしく生活をしていく環境を提供してあげる事が理念としています。

しかし、病状は自他共に自覚しにくい物とはいえ同居する家族は元気だった時のイメージで本人に接っしてしまい、どうしても、叱り付けてしまう事があります。認知症である現実を受け入れていたとしても、突然の事で受け入れにくく、つい感情的に叱ってしまうケースも多いと思います。

そうゆう家族の悩みを改善する方法に福祉施設に任せる方法があります。
特別養護老人ホームや介護老人保健施設・介護療養型医療施設などに任せる方法もありますが、今回は痴呆対応型老人共同生活援助事業の説明をしましょう。
痴呆対応型老人共同生活援助事業の事を、他にもグループホームと言い、認知性高齢者グループホームは、1グループ5〜9人で専門の介護者であるヘルパーさんのケアを受けながらも、共同生活を送る中で、食事の支度や掃除・洗濯などの日常生活や、年行事等のレクレーション等をスタッフと共に行ったり、また、個人のプライベートも尊重しながらゆとりと安心を持った生活環境をつくり、認知症症状の進行を穏やかに、心安らかに暮らして頂くことを目的としています。

そういった生活を送ることで実際に認知症の症状が軽減された方や穏やかになった方も沢山いるようですよ。

認知症と認知症ケア

この記事のカテゴリーは「介護施設」です。
介護施設といっても多種多様な施設があります。老人福祉施設は、軽費老人ホーム・老人デイサービスセンター・老人短期入所施設・老人介護支援センター・特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・老人福祉センターとされていて、施設によって対象となる高齢者が違っています。その他にも介護療養型医療施設、老人介護保健施設、介護施設グループホーム、有料老人ホームなどがあります。これら各介護施設の特徴をご紹介していきます。
関連記事

介護保険適用外について

介護保険とは市区町村の区域内に住所をある、40歳以上の方が対象になります。 40...

通所デイサービスについて

通所デイサービスは、通所介護とも言い、週2回〜3回程度送迎してもらって受けるサー...

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持...

介護老人保健施設

介護保険法(1997年)の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設など...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」