「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護施設 > 老人保健施設リハビリテーションとは

老人保健施設リハビリテーションとは

平成11年度に「老人保健施設における維持期リハビリテーションの実態に関する調査」で、老人保健施設のリハビリテーション実施意欲はとても高く、他にも介護保険導入後の老人保健施設の独自性を高めてくれる要素としてリハビリテーションの意義が把握されていることが明らかになりました。
つまりこの調査は、介護保険制度の下における要介護度の類型別に、標準的なリハビリテーション・プログラムの構築・提示を行うことを目的とされています。

標準的なリハビリテーション・プログラムがある介護施設は全体の7割しかなく、標準的なリハビリテーション・プログラムがある施設ほど、スタッフの意見やリハビリテーションの方針が実際の介護に反映されやすいとはいえ、リハビリテーションの実施そのものに積極的であるなどを感じると、何らかの標準的なリハビリテーション・プログラムを構築していくことは重要ですね。

利用者個人に合った看護・介護・リハビリ介護を必要とされる方は身体的・精神的な障害が違います。
利用者の自立を支援するにあたり、ケアプランを立て、医師・看護師・介護福祉士・リハビリテーションスタッフ・ケアマネジャー・支援相談員・管理栄養士が話し合って検討し実施しています。

他にも介護老人保健施設では有数の療法士を配置し、質の高い維持期リハビリテーションサービスの提供が出来るようになりました。
身体機能・精神機能・失語症を含む高次脳機能障害・嚥下障害・構音障害などに対する各種専門的リハビリテーションが出来、利用者のご家族の方の介護負担に対してもお手伝い可能ですのでぜひ一度、ご相談すると良いですね。

アラフォー・アラフィフを輝かす

この記事のカテゴリーは「介護施設」です。
介護施設といっても多種多様な施設があります。老人福祉施設は、軽費老人ホーム・老人デイサービスセンター・老人短期入所施設・老人介護支援センター・特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・老人福祉センターとされていて、施設によって対象となる高齢者が違っています。その他にも介護療養型医療施設、老人介護保健施設、介護施設グループホーム、有料老人ホームなどがあります。これら各介護施設の特徴をご紹介していきます。
関連記事

介護保険適用外について

介護保険とは市区町村の区域内に住所をある、40歳以上の方が対象になります。 40...

通所デイサービスについて

通所デイサービスは、通所介護とも言い、週2回〜3回程度送迎してもらって受けるサー...

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持...

介護老人保健施設

介護保険法(1997年)の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設など...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」