「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護施設 > 療養型介護施設について

療養型介護施設について

初めに療養病床とは、主に慢性期の疾患などで、長期にわたり療養を必要とする人に、医療と介護を提供する病院のことを言います。
また、お年寄りは気は長引くことが良くあり、長期的な医療と、身体機能の低下を予防をするための手厚い看護・介護が大切です。

介護型療養病床は、最初で病院と表したように、介護老人福祉施設などの介護保険の施設とは違って、介護施設より多くの医師や看護師がいます。
また医師や看護師だけでなく、入居者や家族の相談に乗ってくれる、ケアマネージャーや理学療法士などのリハビリの専門家、他にも薬剤師・栄養士・臨床検査技師・放射線技師・ソーシャルワーカーなど医療はもちろんの事、介護を支えるのにも必要なスタッフが充分にそろっています。

介護型療養病床は以上のように、介護と医療の両面で十分な職員がそろっているので、介護保険の各サービスを医療面で下支えする存在です。

病院なので、もちろん健康管理は万全で余病の併発を予防し、万一、急病を患った場合でも素早く適切に治療が可能です。
また、寝たきりの原因と状態に合わせた最適の介護が出来、回復期や維持期などの状態に応じた寝たきりを改善出来、専門的な治療と対応が求められる痴呆のお年寄りも介護ができます。

それだけではなく、老人保健施設や特養からも急患を受け入れ、治療をする事も出来介護の状態が良くなるまで長い期間一貫した療養が出来ますが転院の心配はいりません。

このように、最高な治療現場ではありますが残念なことに、厚生労働省の決定により2012年に、この介護保険での介護療養病床を廃止してしまうことを決定してしまいました。
そのせいで介護難民や医療難民が出る事がないか心配ですね。

SEO:Yahoo対策

この記事のカテゴリーは「介護施設」です。
介護施設といっても多種多様な施設があります。老人福祉施設は、軽費老人ホーム・老人デイサービスセンター・老人短期入所施設・老人介護支援センター・特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・老人福祉センターとされていて、施設によって対象となる高齢者が違っています。その他にも介護療養型医療施設、老人介護保健施設、介護施設グループホーム、有料老人ホームなどがあります。これら各介護施設の特徴をご紹介していきます。
関連記事

介護保険適用外について

介護保険とは市区町村の区域内に住所をある、40歳以上の方が対象になります。 40...

通所デイサービスについて

通所デイサービスは、通所介護とも言い、週2回〜3回程度送迎してもらって受けるサー...

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持...

介護老人保健施設

介護保険法(1997年)の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設など...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」