「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護施設 > 有料老人ホームの種類

有料老人ホームの種類

有料老人ホームと一言で言っても色々な種類の老人ホームがあります。
ここでは、いくつかの有料老人ホームの種類を案内しましょう。

まず介護付有料老人ホームです。
介護付有料老人ホームは名前の通り介護や他にも食事などのサービスが付いた高齢者向けの移住介護施設になります。
また介護が必要になった場合でも、当該有料老人ホームが提供する特定施設入所者生活介護を利用しながら当該有料老人ホームの居室で生活を継続することが可能です。
しかし、特定施設入所者生活介護の指定を受けていない有料老人ホームなどは、介護付と表示することはできません。
賃貸方式は一般の賃貸住宅と同様に、家賃相当額を月払いする方式です。
終身利用権方式は一時金方式による終身利用権になり、高齢者の居住の安定確保に関する法律の規程に基づいた、終身建物賃貸借事業の認可を受けたものになります。


更年期障害の症状〜治療

住宅型有料老人ホームは、もちろん住宅型の施設になっていてその中でも入居時自立・入居時要介護・入居時自立・要介護とホームによって入居条件が異なってきますので、自分の介護の状態や今後の事を考えて入居するホームを決めてくださいね。
住宅型有料老人ホームは食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設で、介護が必要となった場合、訪問介護等の介護サービスを利用しながら当該有料老人ホームの居室での生活を継続することが可能です。
賃貸方式などは、介護付有料老人ホームとおなじになります。

健康型有料老人ホームは、住宅型有料老人ホームと同様で食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設ですが、介護が必要となった場合には、契約を解除し退去し介護施設などに移動しなければなりません。

シニア住宅は、高齢者の暮らしに対応した集合住宅になっています。
介護施設、クリニック、生きがい作りのためのコミュニティー施設などを備えてて、元気なうちに入居し、身体が不自由になれば併設の介護施設に移れる仕組みになっています。入居は60歳以上からで、入居金は2500〜8000万位で他の老人ホームに比べるとお高いかもしれませんね。

この記事のカテゴリーは「介護施設」です。
介護施設といっても多種多様な施設があります。老人福祉施設は、軽費老人ホーム・老人デイサービスセンター・老人短期入所施設・老人介護支援センター・特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・老人福祉センターとされていて、施設によって対象となる高齢者が違っています。その他にも介護療養型医療施設、老人介護保健施設、介護施設グループホーム、有料老人ホームなどがあります。これら各介護施設の特徴をご紹介していきます。
関連記事

介護保険適用外について

介護保険とは市区町村の区域内に住所をある、40歳以上の方が対象になります。 40...

通所デイサービスについて

通所デイサービスは、通所介護とも言い、週2回〜3回程度送迎してもらって受けるサー...

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持...

介護老人保健施設

介護保険法(1997年)の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設など...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」