「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護施設 > 医療介護施設のサービス

医療介護施設のサービス

医療介護施設は介護や看護が必要な方に、安心して、質の良い介護が受けられる環境を提供致しています。
高齢者の皆様の早期家庭復帰を目標に、専門スタッフが入居者の気持ちを考えてお世話させていただき、また同時に介護・看護等を通じて心に安らぎをもてるように明るく家庭的な雰囲気を提供しています。
他にも、地域一体型の保健・医療・福祉の実現を目指し、地域活動やボランティア活動を支援や、協力病院・協力歯科と連携しています。

介護老人保健施設は、創設当初からリハビリ専門職が必要な施設とし、生活リハビリテーションを提供し、介護予防並びに要介護者のADLの改善や日常生活の向上を目指しながら、在宅復帰及び在宅生活の継続に努めています。
この経験からリハビリテーションの継続性は大変重要な課題であると考えられていて、具体的には、リハビリテーション供給体制の強化の方針に基づいた、現行医療保険で提供されている急性期のリハビリテーションや回復期リハビリテーション、そして介護保険で提供される日常的な生活の視点などからも、維持期リハビリテーションや家に居ながらのリハビリテーションまで利用者の立場に立って、地域リハビリテーションの視点では、より効率的に利用者に提供する体制の構築が必要です。

現行の施設サービスの利用者の状況を直視すれば、確実に利用者の障害や家族等の生活環境に沿った適切な場で療養されているとは限りません。
3つの施設とも、その割合は別に感じると、在宅復帰が可能な利用者や在宅復帰が不可能な利用者、そして医療にニーズが高い利用者が混在しているのが実態です。
また今後これからの施設サービスのあり方を考えたなかで、リハビリテーションを中心とした在宅復帰型や生活介護を主体として長期入所機能を持つ生活介護型、医療依存度の高い利用者を対象とした医療依存型の3類型に現在の療養床を機能別に分ける事を考えています。
それとともに各類型ごとに施設基準、運営基準、人員基準等を定め、効率的かつ適正に施設サービスが運用できる体制の構築について検討を開始する必要があります。

介護保険サービスを利用される方は何らかの医療ニーズがある現状を踏まえて、現行の施設で提供すべきとされている医療について、その施設の位置づけや、職員配置並びに設備の面から現状の医療水準を踏まえて、費用の面も含めそのあり方及び内容を原点から再検討すべきであると考え、特に専門医療の分野などについては、専門医の管理下で安心して医療を受けられる体制とすべきだと思われます。

坐骨神経痛の原因・症状と治療

この記事のカテゴリーは「介護施設」です。
介護施設といっても多種多様な施設があります。老人福祉施設は、軽費老人ホーム・老人デイサービスセンター・老人短期入所施設・老人介護支援センター・特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・老人福祉センターとされていて、施設によって対象となる高齢者が違っています。その他にも介護療養型医療施設、老人介護保健施設、介護施設グループホーム、有料老人ホームなどがあります。これら各介護施設の特徴をご紹介していきます。
関連記事

介護保険適用外について

介護保険とは市区町村の区域内に住所をある、40歳以上の方が対象になります。 40...

通所デイサービスについて

通所デイサービスは、通所介護とも言い、週2回〜3回程度送迎してもらって受けるサー...

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持...

介護老人保健施設

介護保険法(1997年)の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設など...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」