「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護施設 > 全国有料老人ホーム協会について

全国有料老人ホーム協会について

全国有料老人ホーム協会とは、社会法人全国の有料老人ホームの中の最高機関に位置し、理事会 協会の業務執行に関する議決機関です。
通常年2回に渡り、協会理事や監事の選任や事業計画の決定、また予算・決算の承認等を開催していて他にも、理事長の選任、協会入会の承認、ホームの入居者基金への加入の承認、その他の重要事項の決定を行う大変重要度が高い機関と言ってもよいでしょう。

協会が行う事業などに、入会資格・基金加入審査委員会があり、協会加入事業者、学識者、有識者、保険会社から理事会の承認を得た委員によって構成されています。
この審査委員会の目的は、協会への入会と基金への加入を、国で定める「有料老人ホーム設置運営標準指導指針」等に基づいた、設置主体や建物の構造設備、事業計画、職員の配置等が適切かどうかを審査しています。

また、皆様が入居したホームが、万が一倒産という事態に陥ったら入居者全員の生活はどうなるのでしょう。
倒産になってしまうと多くの老人が住居が無くなってしまう上に、サービスも受ける事が不可能になってしまうので、たちまち生活が破綻してしまいます。
そのようなときに直ちに同様のホームに移ったり、生活サービスを受けたりできるのを理想としています、が現実にはなかなかそうもいきませんね。
その為に次善の策として当座の生活資金を確保する制度として、入居者基金を設置する事にし、この制度は、事業者などが拠出金を支払うことで万が一の時に基金が入居者に金銭保証を行うというもので、平成3年の発足以来延べ1万名が登録しています。

赤ら顔の治療と改善


協会は開催いらい、入居者の皆様らの苦情その他に関して、その都度相談に承っていましたが、平成3年度の改正老人福祉法施行を機に、学識経験者や消費者代表等、第三者を交えた苦情処理委員会を協会内に設置し、より客観的に苦情に対応する体制を整えるようになりました。
協会は苦情の解決にあたっては平等、公正、両者からの事実確認、 懇切迅速、もちろん秘密体制を遵守していきます。

しかしながらホームの設置および運営に関する苦情などは、第一義的にはホーム内で解決するのが原則です。
そういった問題が生じた場合には、まずホーム内で十分話し合っていただいていますが、しかしそれでもなお、ホーム内での処理に不満を感じた場合は、協会にご連絡いただければ問題解決に協力してもらえます。
なお、申し立てられた苦情の種類よっては、決して苦情処理委員会の審議に付託されるわけではありません。

        社会法人全国の有料老人ホーム
      http://www.yurokyo.or.jp/info/02.html

香水でワンラックアップ女性を目指そう!

この記事のカテゴリーは「介護施設」です。
介護施設といっても多種多様な施設があります。老人福祉施設は、軽費老人ホーム・老人デイサービスセンター・老人短期入所施設・老人介護支援センター・特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・老人福祉センターとされていて、施設によって対象となる高齢者が違っています。その他にも介護療養型医療施設、老人介護保健施設、介護施設グループホーム、有料老人ホームなどがあります。これら各介護施設の特徴をご紹介していきます。
関連記事

介護保険適用外について

介護保険とは市区町村の区域内に住所をある、40歳以上の方が対象になります。 40...

通所デイサービスについて

通所デイサービスは、通所介護とも言い、週2回〜3回程度送迎してもらって受けるサー...

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持...

介護老人保健施設

介護保険法(1997年)の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設など...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」