「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 介護施設 > 主婦による調理委託とは

主婦による調理委託とは

近年街の元気引き出しまた、有料老人ホームが地域との連携を深めて、新たな運営形態が進化しています。
ホームで提供する食事の調理を地元主婦に業務の外部委託してみたり、商店街と組んでホーム内で出張販売をしたりするなど、以前から地域から孤立しがちな入居者を住民に溶け込ませて満足度を向上するだけでなく、地域への貢献度を高めて街づくりの主役 を目指しています。

東京都杉並にある、有料老人ホーム「ライフ&シニアハウス井草」。
最近この施設で「住民による、住民のためのホーム」を目指す、一風変わった試みが進められている。
入居している高齢者七十人の食事を作るのは、施設の従業員ではなく、地元の五人の主婦で結成したワーカーズ・コレクティブ「オレガノ」です。


栄養管理

ワーカーズ・コレクティブとは、起業したい人たちが共同で出資金を特ち寄って、自らの現場で働いて得た利益を平等に分配する働き方のことです。
組合だが、法人格などは無く、事業計画などは、出資者が平等な立場で会議で決める事が可能です。
生協などが会員の働く場を作ることを目的に推進しています。
「オレガノ」は杉並区に住む主婦仲間で結成されました。「オレガノ」の代表者の浅賀ふみ枝さんを中心とし、主婦仲間と各三十万円を出資し、さらにワーカーズを推奨している生活クラブ生協からも百二十万円の出資を仰ぎました。

東京都中央区にあるホームを運営する生活科学運営は、生協を通じてワーカーズの存在を知り、厨房運営を委託しました。
浅賀さんは同ホームを拠点に昨夏、新たなワーカーズ「冠婚葬祭サポートセンター」を設立し、入居者や家族に葬儀で流してもらいたい音楽や供花、飾り付けなどについて細かく要望を聞き取り、葬儀会社の公益社と提携して格安で「オーダーメード葬儀」を提供しています。

評判は広まり、現在は入居者だけでなく地域住民からも毎日問い合わせがあり、月二件のペースで葬儀を受注しているそうです。

この記事のカテゴリーは「介護施設」です。
介護施設といっても多種多様な施設があります。老人福祉施設は、軽費老人ホーム・老人デイサービスセンター・老人短期入所施設・老人介護支援センター・特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・老人福祉センターとされていて、施設によって対象となる高齢者が違っています。その他にも介護療養型医療施設、老人介護保健施設、介護施設グループホーム、有料老人ホームなどがあります。これら各介護施設の特徴をご紹介していきます。
関連記事

介護保険適用外について

介護保険とは市区町村の区域内に住所をある、40歳以上の方が対象になります。 40...

通所デイサービスについて

通所デイサービスは、通所介護とも言い、週2回〜3回程度送迎してもらって受けるサー...

認知症介護施とは

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持...

介護老人保健施設

介護保険法(1997年)の制定により、この「介護保険施設」(介護老人保険施設など...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」