「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度とは

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め「長寿医療制度」が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。
一体何故このような事態になったのかというと、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に関する説明がしっかりと行き届いておらず、制度自体知らない高齢者の方が大勢いるからです。
そこで、ここでは「長寿医療制度(後期高齢者医療制度)」とは一体何なのかについてご説明します。

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、国が医療制度改革の柱として新たに定めた制度です。
その目的は、高齢者の医療費を捻出するためです。
現在、日本では65歳以上の高齢者の人口に占める割合は20%を超えています。
75歳以上でも10%に達しています。
つまり、国民の10人に1人は75歳以上の高齢者というわけです。

こういった状況を受け、若年層や中年層などの現役年代と、高年層の負担能力をある程度フラットにしなければ、将来的な高齢者の医療費が確保できないという結論に達しました。
そこで、これまでは国民健康保険の加入者が扶養していた75歳以上の高齢者の保険料免除分を、全員が支払うようにしたのが長寿医療制度(後期高齢者医療制度)なのです。

この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)によって、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生まれました。
そして、その新たに発生した保険料は年金から天引きされるようになりました。
現在問題になっている年金の引き落とし問題は、これが原因です。

食物アレルギーの症状と原因

この記事のカテゴリーは「後期高齢者医療制度」です。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度です。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、医療制度改革の柱として、国が新たに定めた制度で、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生まれました。2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め長寿医療制度が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。
関連記事

後期高齢者医療制度による医療サービスの変化は?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の施行によって、都道府県別に異なった医療報酬の...

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ「後期高齢者医療制度」が施行されました。 これによっ...

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め「長寿医療制度」が導入されて以降、年金...

後期高齢者医療制度による変更点その1

これまでは、高齢者の医療費に関しては「老人保健法」による医療制度によって制定され...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」