「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者の保険証って?

後期高齢者の保険証って?

老人保健法で定めた制度から、高齢者の医療に関する制定が長寿医療制度(後期高齢者医療制度)へと変更された事で、健康保険に加入していた75歳以上、もしくは一定以上の障害を持った65歳以上の高齢者は、健康保険から脱退しなくてはならなくなりました。
つまり、これまで持っていた健康保険の保険証は使えなくなる・・・という事です。
現在は施行されたばっかりで制度の切り替わりがまだ上手くできていない事もあり、従来の保険証でも1割(所得が多い者は3割)負担という事になっていますが、当然ながら将来的にはもう使えなくなってしまいます。

では、使えなくなる保険証の代わりに発行されるものはというと、県後期高齢者医療広域連合によって発行される「後期高齢者医療被保険者証」です。
後期高齢者医療制度が長寿医療制度へと名前が変更されたので、今後は「長寿医療被保険者証」という名称に変わるかもしれません。
この保険証が、今後該当する高齢者が病院に持って行って窓口で見せる保険証となります。

これまでは健康保険証に加え、「医療受給者証」という証明書が必要でしたが、高齢者と健康保険加入者との明確な区分ができたことによって、その証明書は意味をなくし、今後は必要がなくなりました。
2枚必要だったものが1枚で大丈夫になった、ということです。

ただ、この後期高齢者医療被保険者証が発行されているということを知らず、現在・・・自分の元に届けられた新たな保険証を捨ててしまったという高齢者が急増しているようです。
事前の告知が不十分だったり不用意だったり、その責任の置きどころには様々な意見が飛び交っています。
ただ、もう少し他のやり方があったようには思えます。
ちなみに、再発行は市役所の窓口で行われているようです。
大抵の市町村には長寿医療制度(後期高齢者医療制度)専用の窓口ができているので、そこで問い合わせれば大丈夫でしょう。

中学受験と偏差値

この記事のカテゴリーは「後期高齢者医療制度」です。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度です。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、医療制度改革の柱として、国が新たに定めた制度で、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生まれました。2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め長寿医療制度が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。
関連記事

後期高齢者医療制度による医療サービスの変化は?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の施行によって、都道府県別に異なった医療報酬の...

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ「後期高齢者医療制度」が施行されました。 これによっ...

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め「長寿医療制度」が導入されて以降、年金...

後期高齢者医療制度による変更点その1

これまでは、高齢者の医療費に関しては「老人保健法」による医療制度によって制定され...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」