「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度は長寿を祝える制度なの?

後期高齢者医療制度は長寿を祝える制度なの?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定は、75歳以上の方もしくは65歳以上の時点で一定の障害を持っている場合において、その生活に多大な影響を及ぼすことになります。
その一方で、医療費の確保という命題に対し、国はひとつの結論を出したとも言えます。
その結論というのが、この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)です。
長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とはとどのつまり、現在の高齢者に負担を強いて医療費を確保しようというものです。

これに関しては、少々本末転倒な感は否めません。
高齢者の方の中には、保険料を新たに年間5〜10万払う事で、生活が困難になる人も少なくはありません。
そういう人たちから未来の医療費を徴収したところで、それは到底プラスとは言えないでしょう。

日本は、世界的に見ても長寿大国です。
既に何度もニュースで取り上げられているように、日本の平均寿命は世界でも1、2を争っています。
当然、今後も高齢化社会は続いていくでしょう。

その中で、今の50代や60代が長寿である事を祝えるのかというと、少々疑問を感じずにはいられません。
今の状況の中では、とても祝ってもらうという気持ちにはなれない人も多いでしょう。

長く生きることは、人間の生きる目標の中の一つとして定着しています。
一日でも長く生きることを自分の生きがいにしている人も少なくありません。
そして、周りから長く生きた事を祝ってもらうのが、そういった人たちの喜びの瞬間なのです。
今のままでは、残念ながら必ずしもその瞬間を喜べるとは限らないかもしれません。
できれば、希望を持って長生きしたいですよね。

住宅ローンの延滞でも競売されない

この記事のカテゴリーは「後期高齢者医療制度」です。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度です。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、医療制度改革の柱として、国が新たに定めた制度で、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生まれました。2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め長寿医療制度が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。
関連記事

後期高齢者医療制度による医療サービスの変化は?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の施行によって、都道府県別に異なった医療報酬の...

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ「後期高齢者医療制度」が施行されました。 これによっ...

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め「長寿医療制度」が導入されて以降、年金...

後期高齢者医療制度による変更点その1

これまでは、高齢者の医療費に関しては「老人保健法」による医療制度によって制定され...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」