「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 後期高齢者医療制度 > 長寿社会課の役割

長寿社会課の役割

高齢者がどのような生きがいや趣味をもって豊かな暮らしをし、残りの天寿を全うできるかというのは、長寿社会の現代において国全体での大きな課題かと思います。
そんな課題を少しずつでも解決していこうということで、「長寿社会課」と呼ばれる課が存在する市町村があります。

長寿社会課はいろいろな市町村にありますが、そのほとんどは同じ理念で存在しています。
それは・・・高齢者の余生のサポートです。
仕事をリタイアして年金生活を送る中で、何を目標にし、何をもって人生の終盤を彩るかという事を、積極的に提案して明るく安全な生活を送ってもらおう、というものです。

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の導入によって、高齢者の方は多くの経済的不安を抱えるようになったかと思います。
中には、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が施行された事で、今までの趣味を継続できなくなったり、唯一の楽しみだった食事を節約しなければいけなくなったり、楽しみがなくなった・・・という人もいる筈です。
そういった方々をサポートするのが、長寿社会課の役割と言えるでしょう。

長寿社会課の活動は、主に高齢者への就職の斡旋や講座、レクリエーションなどを行い、高齢者の生活を支えたり高齢者同士のコミュニケーションを充実させたりというものです。
また、税金の控除や助成金の給付など、お年寄りにはなかなか理解がし難い話に関しても懇切丁寧に説明をし、高齢者の負担や精神的な不安を取り除いているみたいですね。
長寿医療制度(後期高齢者医療制度)によって、将来への不安が募った高齢者にとっては、長寿社会課の存在はありがたいものと言えるのではないでしょうか。

スカルプDの効果と評判・感想・口コミ

この記事のカテゴリーは「後期高齢者医療制度」です。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度です。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、医療制度改革の柱として、国が新たに定めた制度で、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生まれました。2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め長寿医療制度が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。
関連記事

後期高齢者医療制度による医療サービスの変化は?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の施行によって、都道府県別に異なった医療報酬の...

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ「後期高齢者医療制度」が施行されました。 これによっ...

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め「長寿医療制度」が導入されて以降、年金...

後期高齢者医療制度による変更点その1

これまでは、高齢者の医療費に関しては「老人保健法」による医療制度によって制定され...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」