「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 後期高齢者医療制度 > 何故後期高齢者医療制度は名称が変わったのか

何故後期高齢者医療制度は名称が変わったのか

4月1日・・・ついに「後期高齢者医療制度」が実施されました。
その際、1つの変更が成されました。
それは、名称の変更です。
それまでは「後期高齢者医療制度」と呼んでいたこの制度の名前を、「長寿医療制度」と変更したのです。
この判断は、福田康夫首相によるものと言われています。

この背景にあるのは、“後期高齢者”という名称への不評です。
そもそもの由来は、2006年に政府が定めた「65〜74歳=前期高齢者」「75歳以上=後期高齢者」から取ったものなのですが、この後期高齢者という表現には、元々線引きされた事への不満や、末期と言われているようだという怒りが寄せられており、後期高齢者医療制度という名称で発表した時点から、好意的な目で見られる事はありませんでした。
そういった人達への配慮という形で、長寿医療制度という名称への変更は行われたという事になっています。

しかし、福田首相の提案はあまりに突然だった為、パンフレットなどには名称が変更されず後期高齢者医療制度と記されたままなど、お粗末さは拭えない状況になりました。
何より、名前を変えただけで何になるのか?名前さえ変えれば納得するとでも思っているのか?など、高齢者の感情のみならず国民全体の感情を逆なでした感すらあり、成果ははっきり言ってほとんど無かったに等しいと思えます。

名称変更の背景には、配慮というよりは戦略の色が濃かったように思えます。
ギリギリで差し替えた事も含めて、そういった部分が見え隠れしています。

福田首相の考案した長寿医療制度という名称も、何とも皮肉めいた印象ばかりが目立った感じです。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)

この記事のカテゴリーは「後期高齢者医療制度」です。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度です。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、医療制度改革の柱として、国が新たに定めた制度で、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生まれました。2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め長寿医療制度が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。
関連記事

後期高齢者医療制度による医療サービスの変化は?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の施行によって、都道府県別に異なった医療報酬の...

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ「後期高齢者医療制度」が施行されました。 これによっ...

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め「長寿医療制度」が導入されて以降、年金...

後期高齢者医療制度による変更点その1

これまでは、高齢者の医療費に関しては「老人保健法」による医療制度によって制定され...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」