「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 後期高齢者医療制度 > 高齢者の割合が少ない都道府県では・・・

高齢者の割合が少ない都道府県では・・・

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定により、高齢者の占める割合が多い県では、かなりその対応に苦労しています。
その中にあって、日本で最も65歳以上の高齢者の割合が比較的少ない沖縄県では、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が一体どのような影響を与えているのでしょうか。

高齢者の多い地域の方がトラブルは起こりやすい・・・というのが一般的な考えですが、どうもそういうわけでもないようです。
長寿でならしている沖縄もまた、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)による影響を色濃く受けています。

先日、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)において徴収された保険料の内、実に26人分の保険料が本来よりも多く徴収されていた事が判明するというニュースがありました。
その原因は、保険料を算出するシステムの修正をしておらず、従来のままの計算で行っていたという事です。
更にこの他にも、これまで被扶養者で保険料を免除されていた人には半年間の猶予期間が与え与えられているはずなのですが、その対象者のうちなんと242件に関して誤徴収され、年金から天引きされているという自体も勃発しています。
その金額は、120万円にも達しているという事です。

こういったトラブルは何も沖縄県に限った事ではないのでしょうが、システムの修正を怠るなどの長寿医療制度(後期高齢者医療制度)への対応の意識の希薄さが見て取れます。
これもまた、問題を引き起こす大きな要因となるのです。

どの県であっても、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)による問題は大なり小なり起きているということですね。

住宅ローン滞納で競売になる前に

この記事のカテゴリーは「後期高齢者医療制度」です。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度です。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、医療制度改革の柱として、国が新たに定めた制度で、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生まれました。2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め長寿医療制度が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。
関連記事

後期高齢者医療制度による医療サービスの変化は?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の施行によって、都道府県別に異なった医療報酬の...

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ「後期高齢者医療制度」が施行されました。 これによっ...

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め「長寿医療制度」が導入されて以降、年金...

後期高齢者医療制度による変更点その1

これまでは、高齢者の医療費に関しては「老人保健法」による医療制度によって制定され...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」