「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度を有効に活用するには

後期高齢者医療制度を有効に活用するには

高齢者の方の相当な数の人が、『長寿医療制度(後期高齢者医療制度)』に対して拒否反応を示しています。
その一番の理由は、今まで必要の無かった保険料を、新たに支払う必要が出た点にあります。
もちろん、他にも様々な問題点や不備はあります。
特に、高齢者の立場に立っていない行政の在り方には批判が集まっています。
強制的に天引きされる事に関しても、パンフレットの文字の大きさにしても、高齢者の意思を無視した運びで長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が進んでしまった事は否めません。

ただ、決まった制度に対して拒否ばかりしていては、結局ご本人にとっても決して良い事にはなりません。
反対という強い意志を明確にする一方で、時にはその制度を利用してしまうくらいの柔軟さも必要なのではないでしょうか。

例えば・・・「食」に関してです。
長寿医療制度(後期高齢者医療制度)によって、高齢者がどうあるべきか、どう生活すべきかという“ライフスタイル”に対しての見直しが行われ始めています。
その中で、やはり中心となるのは「食」に対しての意識改革です。

高齢者ができる限り健康を崩さないように、医者の世話にならないようにするには、定期的に健康的な食事を行う必要があります。
たとえ低所得であっても、そういった面を無視するのはもちろん逆効果になってしまいます。
健康を崩してしまって病院のお世話になっては、元も子もありませんから。

今回の制度をきっかけに、高齢者の「食」に対しての特集が今後増えてくるかと思います。
拒否反応を示さず、そういったものにはしっかりと目を通したり耳を傾けてみましょう。

免疫力アップ・免疫力低下の原因

この記事のカテゴリーは「後期高齢者医療制度」です。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度です。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、医療制度改革の柱として、国が新たに定めた制度で、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生まれました。2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め長寿医療制度が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。
関連記事

後期高齢者医療制度による医療サービスの変化は?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の施行によって、都道府県別に異なった医療報酬の...

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ「後期高齢者医療制度」が施行されました。 これによっ...

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め「長寿医療制度」が導入されて以降、年金...

後期高齢者医療制度による変更点その1

これまでは、高齢者の医療費に関しては「老人保健法」による医療制度によって制定され...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」