「高齢者のためのお役立ち情報」トップ > 後期高齢者医療制度 > 長寿医療センターと後期高齢者医療制度

長寿医療センターと後期高齢者医療制度

日本の医療機関の中に、高齢者の健康に関しての研究を特に中心に行っている施設があります。
それは・・・「長寿医療センター」です。
長寿医療センターという名称の施設は全国的にもいくつかありますが、その中で最も有名なのは、愛知県の「国立長寿医療センター」です。

研究する分野はとても幅広く、老化の機構に関しての研究やその制御に関する研究、アルツハイマーや認知症、長寿の人の脳に関する研究、老年病などの高齢者特有の病気に関する研究や長寿医療全般に対する研究などから、動物を利用したもの、遺伝子の解析などのマクロなレベルの研究など、非常に多岐に渡った研究が行われています。

こういった長寿医療センターにとっても、『長寿医療制度(後期高齢者医療制度)』は大きな影響を与えています。
長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定によって、高齢者自身の生活のメカニズムに変化が訪れた場合、これまでとは違う研究を行う必要があるからです。

高齢者にとって精神的負担というのは、その後の生活や寿命にも大きな影響を与えます。
長寿医療センターではそういった分野でも研究を行っているわけですから、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)と長寿医療センターの間には密接な関係があるといえるでしょう。

そういった背景から、この制度に対して、今後長寿医療センターは何らかの見解と新たな研究の準備を行う可能性はあります。
彼らの活動が、今後往年以上に注目されていく事は恐らく間違いないでしょう。

着物・和装の髪型

この記事のカテゴリーは「後期高齢者医療制度」です。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度です。長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、医療制度改革の柱として、国が新たに定めた制度で、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生まれました。2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め長寿医療制度が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。
関連記事

後期高齢者医療制度による医療サービスの変化は?

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の施行によって、都道府県別に異なった医療報酬の...

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ「後期高齢者医療制度」が施行されました。 これによっ...

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日に後期高齢者医療制度改め「長寿医療制度」が導入されて以降、年金...

後期高齢者医療制度による変更点その1

これまでは、高齢者の医療費に関しては「老人保健法」による医療制度によって制定され...

介護と福祉:メニュー
新着コンテンツ
カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護」 カテゴリー:「老人ホーム」 カテゴリー:「生きがい・ボランティア」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「高齢者住宅」 カテゴリー:「介護施設」 カテゴリー:「介護保険」 カテゴリー:「高齢者住宅」